「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は、「注文住宅ってそもそもなに?」です。

 

注文住宅とは、そもそも何なのか調べてみると以下の定義になる。

 

すでに間取りや仕様が決まっていたり、建築済みの分譲住宅に対し、建築主が自分の希望をいかしてプランニングし、施工会社と請負契約をかわして、建築する新築住宅のことを指す。間取りだけでなく、使用する設備や材料なども自分の好みやライフスタイルに合ったものを採用することができるが、完成した住宅を買うわけではないので、図面などを参考に完成時の状態を理解しなければならない。

(一部抜粋_参考)

https://www.weblio.jp/content/%E6%B3%A8%E6%96%87%E4%BD%8F%E5%AE%85

 

簡単に言うと、家を買うときに、少なからずこだわりってものがたいていあると思う。ベランダは絶対南向きに置きたい、キッチンはカウンター式にしてリビングと行き来できる形に、床は断熱材使って暖かく・・・といったようにこだわりは際限なく出てくる。これらを全て対応するとなるとコストが膨大に、設計から出来上がるまでの時間も非常にかかることになる。これらをコストや時間も考慮し、自分好みに建築することができることを指す。

こう見るとついついメリットばかりに目が行くが、デメリットもあるようだ。注文住宅におけるメリットだけでなく、デメリットを踏まえた上で最適な家づくりを目指していきたい。

 

リビンマッチ(旧スマイスター)の注文住宅では、全国のハウスメーカー(住宅メーカー)、工務店、建築会社の注文住宅建築プランを徹底比較するサイトです。

地域、価格(坪単価・相場・予算)、工法(鉄骨・鉄筋・木造)、間取り、外観や内装のデザイン、平屋、狭小、二世帯、賃貸住宅、バリアフリー、省エネ住宅、耐震・免震など条件にマッチする注文住宅建築プランを検索。気になるハウスメーカーや建築プランには無料でカタログ請求できます。