img36

今回は、「太陽光発電って」です。

 

注文住宅の建設を考える上で、昨今、自然エネルギーを利用した発電が注目されています。特に固定買取制度が始まったこともあり、太陽光発電が浸透しつつあるといえます。憧れのマイホームに太陽光発電を採用するか、それともしないのか、、、太陽光発電のメリットとデメリットをご紹介します。

太陽光発電のメリット

太陽光は日本全国ほぼ同等に降り注いでるので、太陽光発電の発電量に地域差はありません。そうなると初期コストで差がつくのは土地代なので、郊外や田舎の方が有利です。また、通常都市部の方が周辺に建築物が多く日射量が確保しづらいので、ますます田舎の方が有利と言えます。自治体によっては補助金制度があるので、初期投資を抑えられます。収益に関しても、固定買取制度により一定期間の買取と価格の保証もされているので安定しています。固定買取制度の買取価格は、投資資金の回収期間を10年程度として毎年審査され設定されています。買取価格が減っても、利回りが減ることはありません。

太陽光発電のデメリットと注意点

運用中に故障等のトラブルが発生しなくても、10年は稼働させないと資金回収ができません。ある程度は長期的な見積もりが必要となります。また、現在が問題ない場合でも、周辺に建物が建って影が入るようになると発電量が減るなど環境が変化して、日射量が減った場合は収益に変化があることもあります。また、発電システムの規模によっては電力会社の出力制御が入ります。可能であれば、そちらについても把握できるとよいでしょう。

制限の対象は電力会社によって異なります。例えば東京電力では50kW以上からが制限の対象になります。50kWの発電というと、目安としては約500平方メートル=約150坪が必要であると言われているので、一般の家庭ですと制限にかかることは少ないといえるでしょう。

 

リビンマッチでは太陽光発電についての記事がいろいろ掲載されているので、確認してみるとよいでしょう。