img5

こんにちは、リビンマッチ公認!リビンマッチの歩き方~注文住宅を徹底比較!~です。
リビンマッチはリビン・テクノロジーズ株式会社が運営する日本最大級の不動産業界全体を網羅する比較ポータルサイトです。

今回は、「注文住宅とは?建売住宅との違いとメリット・デメリットも」です。

 

今後、マイホームの購入を考えている、購入したいと思っている人も多いのではないでしょうか。
そんな人の中で、注文住宅とはどういう仕組なのか気になっている人も多いと思います。今回は注文住宅をテーマに、注文住宅とはなんなのか、メリット・デメリット、建売住宅の違いとは、という点について解説していきます。

注文住宅とは?セミオーダー住宅とフルオーダー住宅について

注文住宅には、主に2種類あります。
ここでは、注文住宅とはなんなのか、セミオーダー住宅とフルオーダー住宅について紹介してきます。

注文住宅とは?

マイホームの購入を検討されている人の中には、注文住宅が合う方も多いと考えられます。
注文住宅とは、簡単に言うとオーダーメイドができる住宅の買い方です。
注文住宅は、土地の購入など建築前の段階から関わることができます。
どこの土地にどんな家を建てるのか、自分の希望するマイホームが建てられるのです。
具体的には、

  • どこの地域に建てるのか
  • 家の広さ
  • 子供のための遊び場
  • 海外の家のような雰囲気

など、様々なリクエストに答えることができます。
このように、注文住宅とは土地を購入する段階から設計まで決めることができるので、全ての工程に関わることができます。

また、注文住宅には、

  • セミオーダー住宅
  • フルオーダー住宅

の2種類が存在していて、自分の条件に合わせて選択することができます。

フルオーダー住宅とは?

フルオーダー住宅とは、注文住宅において

  • 窓、ドアの配置
  • 部屋の数

など、建築上の条件を全て自分好みで決めてオーダーすることです。

フルオーダーは自由度が高い反面で、建築会社との打ち合わせや設計図などを作る場合もあるので、建築知識が必要になります。
また、様々なことを自分で決めていくので、手間と時間がかかってしまします。

全てにおいて、自分好みでマイホームを建てたい、資金や時間に余裕がある人に向いているオーダー方法です。

セミオーダー住宅とは?

セミオーダーは、基本的な建築が決まっています。
購入者が決めることは、

  • 住宅設備
  • 外壁の色

などです。
もちろん、各設備などのグレードアップ・ダウンも可能で資金調整がしやすいです。
建築知識が必要ないことやフルオーダー住宅に比べて資金が少なくても済むということから、注文住宅を希望する人のほとんどがセミオーダー住宅にしています。

建築の知識があまりなく、コストを抑えたい人に向いているオーダー方法です。

注文住宅のメリット・デメリットとは

注文住宅では、フルオーダーとセミオーダーの2種類がありましたが、メリット・デメリットも存在します。
ここでは、注文住宅のメリット・デメリットについて紹介していきます。

注文住宅のメリット

注文住宅には、セミオーダー・フルオーダーとありますが、共通して以下の様々なメリットがあります。

  • 自由にマイホームを建てられる
    部屋の広さ・キッチンの設備・耐久性など自由に決めることができます。自分たちの家族の生活スタイルに合ったマイホームを創っていくことができます。
  • 条件次第でコストを削減できる場合もある
    資金に合わせてコストを削減もできます。
    注文住宅では、建築資材なども自分で選ぶことができるので、コストを調整しやすくなります。
    また、目立たない・特にこだわらない部分などはグレードを下げることでコストを安くできます。
  • 建築現場を実際に見ることができる
    注文住宅では、大工さんと直接会ったり話したりすることができるので、要望に答えてくれます。
    建築途中を見ることができるので、お客様と大工さんの間ですれ違いが起こった場合は指摘することができます。
    また、大工さんたちにもいつ見に来るかわからないプレッシャーになるので、欠陥住宅になるリスクを下げることができます。

注文住宅のデメリット

注文住宅では、様々なメリットがありましたが以下の様なデメリットも存在します。

  • マイホームが完成するまでに時間がかかる
    注文住宅では、自由に間取りや設備などが決められます。そのため、建築会社との打ち合わせや手続きなど数回行う必要があり時間がかかってしまいます。
    その他にも、図面の資料を行政に提出し建築確認申請をする必要があります。初期面談から契約までに約1ヶ月〜2ヶ月掛かると言われています。
  • コストが多く掛かる場合もある
    注文住宅では、建売住宅と違い数棟でまとめて立ってていないのでコストがかかってしまいます。
    また、土地の価格やこだわりすぎるあまりコストが多く掛かる場合もあります。最低限のコスト削減は可能ですが、条件次第ではコストが掛かる場合もあります。

注文住宅と建売住宅の違いとは

注文住宅の他の選択肢として建売住宅があります。
ここでは、建売住宅の特徴や違いについて紹介していきます。

建売住宅の特徴

注文住宅という方法以外の選択肢として、建売住宅があります。
ここでは、建売住宅の特徴を紹介していきます。

建売住宅の特徴は、土地と住宅の完成品を購入することです。
住宅会社や不動産会社が土地を購入し、ある程度の敷地に数棟の住宅を建てるのが一般的となります。
購入のタイミングは、建築中から完成後まで様々です。以前は、住宅が完成してから購入する人が多くいましたが、近年では建築中に購入する人が増えています。

注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅と建売住宅の違いは、以下の点が上げられます。

  • 自由度
    建売住宅では、間取りなどが決まっていて自由度がありません。
    設備に関しては、多少変えることができますが個性やこだわりなどを出すことができないです。
    それに対して、注文住宅は土地を選ぶ段階から自分で決めることができます。間取りや個性なども決めることができるので自分だけのこだわりが出せます。
  • コスト
    建売住宅では、建築会社が一定の広い敷地に数棟の家をまとめて建てるのでコストが削減されます。
    それに対して、注文住宅は土地の購入と家を建てるのを個人で行うのでコストがかかる傾向にあります。
  • 手間
    建売住宅では、各書類の申請を建築会社が行ってくれるので、必要最低限で済みます。また、施工会社との連携や間取りなどが決まっていて建築会社が行ってくれるので必要ありません。
    それに対して、注文住宅は各書類の申請を自分で行わなくてはならないため手間がかかります。また、施工会社との連携も自分のこだわりが強い分だけコミュニケーションを保つことが必要になってきます。

注文住宅と建売住宅はどちらが良いのか

注文住宅と建売住宅で悩んでいる場合どちらが良いのは、その人の条件や価値観によって異なります。
マイホームの品質や個性にこだわりに出したい場合では、注文住宅がいいと思いますし、各種書類の申請など手間をかけたくない場合やコストを安く済ませたい人は建売住宅が良いと思います。

注文住宅と建売住宅では、

  • 自由にマイホームを建てられる
  • 条件次第でコストを削減できる場合もある
  • 建築現場を実際に見ることができる

というメリットや

  • コストが多く掛かる場合もある
  • マイホームが完成するまでに時間がかかる

というデメリットがありますので、自分に合ったやり方で決めましょう。

マイホームに個性を出したいなら注文住宅にしょう

今回は注文住宅について紹介してきました。
注文住宅は、自分でオーダーメイドできるのでどこに建てるのか・個性・こだわりを出したい人に向いています。建売住宅とは違い、各種書類の手間やコストがかかるかもしれません。その場合は、セミオーダー住宅にして少しでも手間を減らせます。世界で1つだけのマイホーム購入したい人は注文住宅にしてはいかがでしょうか。

リビンマッチ公認!リビンマッチの歩き方~注文住宅を徹底比較!~TOPへ戻る