「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は、「採光について」です。

 

注文住宅で新しい住まいを建てようとお考えの方で、明るい部屋をイメージしない方はほとんどいらっしゃらないと思います。
いろいろと間取りについて考えることも、新しい我が家での生活を想像するうえで大切なことですが、日の高い時間帯にはなるべく自然光で過ごせるように、窓の位置や数を計算しておくことも、注文住宅を建てるうえでは重要なことです。

電気を点けないで過ごせるくらい明るい家にしたい。
そう思って明るくなるように設計したとしても、いざ暮らし始めたら思っていたよりも暗いと感じてしまうこともよくあるそうです。

どのように部屋へ自然光を採り入れればいいのか分からないという方は多いと思います。
今回は、マイホームが暗くならないように、採光を十分とることについて考えていきたいと思います。

採光について

採光とは、屋外からの光を建物の中に採り入れることをいいます。
部屋の採光については、リビングや寝室などといった過ごす時間が長い部屋では、窓の大きさが建築基準法で定められているほど重要なものとして考えられています。

こういった法律は、自然光の入らない部屋での生活が、人間の身体や心の健康に良くない、ということを事実とした前提で作られていますので、採光がいかに大事なものかが分かります。

確かに部屋の中が自然光で明るいと、誰しも気持ちよく感じるものです。
普段は実感することが少ない方でも、何日も曇り空が続いたあとにようやく訪れた晴れの日を思い出していただければ、自然光の大切さは分かっていただけると思います。

・部屋が暗い原因
では部屋が暗くなってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
ひとつには、入ってくる光の量が物理的に少ないことです。

窓の大きさが基準で決められていたとしても、現実に窓から入ってくる光の量というのは周りの環境によって大きく左右されます。
それぞれ仕様の異なる住宅で、実際に光の入る量が計算されているわけではありませんので、窓の正面に家やマンションが建っていたり、木が植えられている場合には光は入りにくくなってしまいます。

また部屋の向きが北向きだったり、日が当たる方向に窓が少なかったり、住宅の目の前の道路が狭かったりして単純に日当たりが悪い場合には、そもそも部屋にあたる光の量は少なくなってしまいます。

次に、室内に入った光の反射も部屋の明るさに大きく影響します。
白色は光を反射しやすく、黒色は光を反射しにくく吸収してしまうというのが光の性質としてあります。
明るく見えるということは、それだけ多くの光が目に反射して入ってきているということになります。

同量の光でも、光を多く反射する色ほど明るく見えることになりますので、白っぽい壁やインテリアのある部屋は明るく感じられ、反対に黒っぽい内装の部屋の場合には暗くなります。
一般住宅では、壁や壁紙は白色にしてあって明るいと思いますが、天井が板張りの場合に暗く感じてしまうケースが多いようです。

部屋を暗く感じてしまう原因は、このような環境の条件だけではありません。
その家に住む、人間の明るさの感じ方も大きな要因となります。
各部屋の照明の種類を変えて、部屋ごとの明るさが極端に違う場合では、それほど暗くない部屋でも明るい部屋と比較すると暗く感じてしまいます。

隣に家が建って暗くなったという場合でも、物理的に入ってくる光の量が減っていることもあるでしょうが、以前の明るい部屋での生活の記憶が残っていることも大きく影響して、非常に暗く感じてしまいます。
このように、人間の感じ方というのは相対的なものですので、それまでいた環境の変化に大きく影響を受けます。
また、人間は加齢によって目の細胞も衰え、色や光を感じる力が鈍くなってくるために、同じ明るさでも暗く感じやすくなってしまいます。

・採光のための工夫
こういった理由によって人は部屋を暗く感じてしまうのですが、明るくするにはやはり採光を良くするしかありません。
採光について考える場合にまず優先すべきことは、当然ですが窓を増やし、大きくするということです。

例えば、リビングであれば窓をリビングの幅いっぱいに広げたり、天井の高さ近くまで窓の高さをとれば、たくさんの光が入ってきます。
また、日の当たらない方向にある壁であっても窓をつけることで、直射光でなくとも入ってくる光の総量は増えますので多少は明るくなります。
窓に取り付けるカーテンも、レースなど光を透過する素材にしたり、半透明のブラインドやロールスクリーンにすればより明るくなります。

2階などの屋根の下の部屋であれば、天窓を設置することも有効です。
屋根にガラス瓦などをとりつけることで、直射日光を採り込むことができます。
光が入りすぎて暑くなってしまうこともありますので、断熱性能の良いものを選び、ブラインドやロールスクリーンなどの遮光する手段と合わせれば、快適に明るくなるでしょう。

光の反射を採り込んで利用する方法としては、壁や天井、インテリアを白くするといった方法以外でも、部屋の前のベランダや庭に、白い砂利などを敷いて白くすることで、光を室内に反射して採り込んで室内を明るくすることも可能です。
部屋の中だけではなく、外にも白いポイントをおくことでも採光できます。
また、窓の反対側に鏡を置くことで、窓から入ってくる光を反射してまるで部屋の中に窓ができたように明るくなります。
鏡は光を採り込むためのアイテムとしても使えますのでお勧めです。

壁を構成する素材として、光を透過するガラスブロックも、採光性を高めるのに役立ちます。
ガラスブロックとは、ガラスで作られた中空の建築用ブロックです。
窓ガラスのようなダイレクトな光ではなく、やわらかい光を均一に室内に採り入れることができます。
通常のガラスよりも断熱性と遮音性も高く、屋根や床に使うこともできますし、何よりおしゃれです。

自然光(太陽光)採光システムを導入するという手段もあります。
屋根に設置した採光装置で太陽光を受けて、光を集めます。

集めた光は光ファイバーを通じて家中どこの部屋にも送ることが可能となり、1階部分の窓から遠い場所でも明るくすることもできます。
自然の光を人工的な装置で取り入れるアイデア製品で、自然光にこだわった商業ビルなどでは採用されています。
しかし、システムそのものは数十万円費用がかかりますので、電気を点けたほうが早いと考える人には当然お勧めできません。

今回は自然光で部屋の中を明るくする方法をご紹介いたしました。
採光性を高めるポイントとしては、窓の大きく数を増やすことで採り込む光の量を多くすることと、光の反射の性質を利用して間接的に光を採り込むことが重要です。
そして光の明るさの感じ方というのは、直前の環境による相対的なものですので、暗いと感じたら電気を点けるのがもちろん良いと思います。

せっかくの注文住宅でしたら自然光の溢れる部屋というのも気持ちがいいものですから、採光という点から設計してみるのもアリかもしれません。