「Mr.リビンマッチが解説する注文住宅比較」今回は、「注文住宅の種類」です。

 

注文住宅を委託する会社の種類には大きく分けて以下の3つがあります。

  • ハウスメーカー
  • 工務店
  • 設計会社

それぞれのメリット・デメリットにはどういったものがあるのか?リビンマッチのサイトではこれらを綺麗にまとめていたので、ピックアップしてみた。

  • ハウスメーカー

<メリット>

・性能の高い建材や最新の工法が反映される

・比較すると工期が短い

・住宅展示場やモデルハウスがあるので実物を見てから決定できる

・安定的な経営基盤があるので保証が充実している

・サービス品質の平均が高い

<デメリット>

・価格が高め

・マニュアル対応のため融通が利かないことがある。

・使わない設備が標準仕様になっていることがある

・全国一律の規格なので、自由な設計に対応しづらいことも

・窓口の営業担当者が、設計に詳しくないことがある

・下請けの工務店によっては施工品質に差があることがある

・フランチャイズの場合など商品が同じでも販売店によって対応に違いがあることも

 

  • 工務店

<メリット>

・引き渡し後のフォローが手厚い

・施工担当者と直接、話せて納得感がある

・近所に施工例があれば見学しやすい

・ハウスメーカーに比べて建築費が安い場合が多い

・設計の自由度が高く、融通が効く

・地域密着で地域の気候、特性を知っている

・建築後の対応も頼みやすい

・対応が早い

<デメリット>

・工法や建材は最新とは言えないことも

・工期が伸びることがよくある

・デザインや欲しい設備などは施主から提案する必要がある

・驚きのあるデザインや設計は期待薄

・大手ハウスメーカーほどの経営基盤がないため、もしもの時が心配

・施工技術は大工さん次第でバラつきがある。

  • 設計事務所

<メリット>

・施主の好みを反映してくれる

・どこにお金と手間をかけるか相談して決められる

・家族構成や暮らし方にあわせた設計希望を聞いてくれる

・土地の形状 変形や狭い土地もお任せ

<デメリット>

・設計にかかる時間だけ、工期が長くなることも

・最新の設備や建材は施主から提案が必要

・過去に手がけた家を見学しにくい

・デザインを重視しすぎると、住みにくい家になることも

・有名な設計士は、設計料も高い

 

(リビンマッチサイト一部抜粋)

 

こうして見ると若干わかりにくいかもしれない。リビンマッチのサイトの方が綺麗にまとまっているので、詳細確認したい方は上記を参考にしてください。

どの業者を選ぶかは好みによるのかもしれないが、安心安定を求めるなら「ハウスメーカー」、こだわりを強く持ちたいのなら「設計事務所」、職人技やコスト面を考えるなら「工務店」といったところだろうと思います。業者も担当者によって分かれると思うけど、メリット・デメリットを踏まえた上で業者選定を行うといいかと思います。

 

◎リビンマッチの注文住宅比較

L字型の土地に建つL字型の家(狭小住宅)

一見、家を建てるのには敬遠されがちなL字型の敷地に建てた、様々な工夫が凝らされたL字型の家です。リビングの上の床は、グレーチング構造となっており、天窓からの光が1階のリビングまで届くようになっています。

 

今回リビンマッチからピックアップしたのは、前回同様に狭小住宅の例。ただ若干違うのはL字型の家ってところ。L字は広いスペースを確保できにくいから敬遠されがちというのは非常にわかる。廊下が長く、細長い部屋がいくつかあるだけって感じになりそうだけど、それでも吹き抜けや間取りを工夫することで、L字をプラスに捉えることが出来そうだ。

陽の光を考えどこにリビングやダイニングスペースを置くか等、工法によって対応できるというのは参考になる。