Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較今回は、「ビルトインガレージ」です。

 

リビンマッチ(旧スマイスター)サイトや、他サイトでも色々と情報収集しつつ注文住宅における家のカタチや構造を考えていて、ふと浮かんできたものがあります。それはガレージです。今日はそのガレージをっピックアップしたいと思います。

ビルトインガレージとは

ガレージとは自動車の車庫のことで、普通家の外にあるのが一般的です。
車やバイクをお持ちで「愛車を大切にしたい」と考えているけど現実は屋根なしの駐車場で雨風にさらされている、なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。
もしくは「ガレージは欲しくて憧れるけど、肝心の建てる敷地の余裕がない」とか、「近所の月極駐車場に車をとめておくのはもったいない」という方。そういった方に今回ご紹介したいのがビルトインガレージという家の構造です。

ビルトインガレージの特長

ビルトインガレージというのは、建物の一階部分を車庫として作る施工スタイルです。
家族の居住スペースは二階より上ということがほとんどです。
家の中に車庫がありますので、インナーガレージと呼ばれることもあります。
車をとめますので一階部分の床はコンクリートで造られることが多く、駐車スペースを確保するために柱がないことが多く、だだっ広い空間をもつのが特徴です。
ですから広さにもよるとは思いますが、ガレージ内にDIY用に工具類や工作机を設けたり、スポーツ用品やアウトドア用品など外に持ち出すものの置き場としている例も多いようです。
また、ビルトインガレージには車を入れるための広い開口部があります。
あくまで家の一部ですので、外部と隔てられるよう開口部分をシャッターで開閉できるようにしてあります。

注文住宅でビルトインガレージを建てるということの魅力は、やはり車好きで趣味の空間が持てることが大きいように思えます。
しかしながら普通の一般的な家とは構造が違いますので、注文住宅で建てようとしていくら頑張って思い浮かべようとしても、充分に想像しきれない点も出てくるかと思います。
ビルトインガレージに実際住むとなると、一体どういったメリットやデメリットがあるのでしょうか?
ビルトインガレージの特長からいくつか見ていきましょう。

メリット

ビルトインガレージのメリットをまず最初に挙げるとすれば、それは防犯性です。
大切な愛車を家の中に完全に入れてしまいますので、車へのいたずらや盗難にあうことはまず無いと考えられます。
万が一、一階部分のガレージへと泥棒が入ってきたとしても、居住空間は二階となりますので、侵入された段階での家族の安全性は脅かされずに済みます。
防犯で一番気を付けなければならないことは、物を盗られないことではなく、犯人と鉢合わせしてしまわないことでしょう。
ある意味で二重のセキュリティーを誇っているといえるかと思います。

また上で述べた通り、雨や風から愛車を守ることができるという点も大きな魅力です。
屋外の駐車ですとどうしても車体の汚れる頻度も多くなりますが、ビルトインガレージの家の中に駐車できれば洗車の回数も減ると思えます。
もっとも、車好きな方ではあると思いますので、キレイにしたい方はいつでも拭けますのでご安心ください(笑)
そして、風雨のみならず雪が降った際に「愛車に雪が積もらない」ということは大変ありがたいことだと思います。
降雪地帯に住んでいる方にとって、恐らく毎日使うであろう車の除雪も相当な負担かと思います。
そういった負担が少しでも軽くなれば大きな利点といえます。

帰宅時に「車から降りてすぐ家の中」という、車内から室内へそのまま移動できることも大きなメリットでしょう。
屋外を歩いて移動する必要がないので、大きな荷物を持ち帰っても車からガレージ内に直接降ろせます。
車と家の間を荷物の持ち運びで往復する必要がないのでとても便利かと思います。
特に雨などの日には実感するのではないでしょうか。

デメリット

普通の家と比べると特殊な造りですからやはりデメリットもあるようです。
ひとつは耐震性です。
ビルトインガレージは構造的に弱いといえる建物です。
というのも一階部分に広いスペースをとりつつも間を支える柱がありませんので、上に居住空間のあるビルトインガレージは木造建築では無理なようです。
ですので、壁を使って建物の強度を高めなければならないため鉄筋コンクリート(RC)造りが求められます。その分コストもかかります。

車やバイクを室内で動かしますのでエンジンの騒音、振動、そして排気ガスの対策も必要になります。
騒音や振動は、深夜や早朝ですと就寝中の家族に迷惑がかかってしまいます。
ですから寝室の位置などにくれぐれも気を付けてて設計していただければと思います。
排気ガスも屋外ではなく密閉空間ですと臭いも強く感じてしまいますので、換気扇など充分な対策を施す必要があります。
本来屋外にあるものを家の中に入れてしまいますので、いざその時になってわかる問題もも多いようです。

また居住空間の真下が大きなスペースで、ガレージの床もコンクリートという造りですから冬の底冷えも強いようです。
そしてそれだけの空間をとるということは設計時に住空間を狭めてしまいがちになるのでここも要注意です。

以上ここまでビルトインガレージについてのメリットやデメリットを挙げてきました。
ここで、メリットかデメリットかがわからない、ケースバイケースとなる場合があるのが固定資産税の話です。
ビルトインガレージには屋根も壁も当然ついていますから固定資産税の対象となります。
しかし延べ床面積の1/5までのガレージであれば、床面積に含まれずに緩和されるようです。
それ以上の広さとなると固定資産税が高くなるようですが、自治体によっては評価基準が異なることもあるそうなので確認が必要となります。ご注意ください。

まとめ

今回はビルトインガレージについてご紹介してみました。
色々と問題もありそうですが、家の中で自分の愛車をインテリアとして見下ろせるというのは、ビルトインガレージを建てた人にしか味わえないことです。
自分の趣味のスペースとしてこれ以上の贅沢さは無いような気もいたしますが、皆さんはいかがでしょうか?
注文住宅を選ぶにあたり、ぜひ参考にしてみてください。