Mr.リビンマッチが解説する注文住宅比較」今回は、「玄関もおしゃれに」です。

注文住宅においてどこにこだわりを持つべきなのか。
考え出すとあれこれ出てきてしまい、気づいたら予算オーバー―なんでことも(笑)

しかし、一生を共にする棲家になりますので、しっかりと自分好みもしくは家族好みのものにしたいと考えるのは当然です!
今回ですが、そのこだわりポイントとして、玄関に焦点を当てて諸々解説できればと思います。

注文住宅において生活空間の広さを優先するために、玄関のスペースが犠牲になることがあったりします。玄関というスペースは一見ただ通り過ぎる場所のように思えますが、ちょっとした物を置く場所が無かったり、増え続ける靴で氾濫しておしゃれどころではない、など小さなストレスの生まれやすい場所です。これらが原因で建ててしまってから後悔するよりも、最初からこだわって作ったほうがいいように思えます。では具体的にどんな問題が起こりがちなのでしょうか?いくつかの例を挙げてみましょう。

玄関の収納スペース

玄関の収納物といえば靴が殆どだと思いますが、収納箱の区分けの高さがいわゆる普通の靴に合わせて一定になっていれば、ブーツや長靴などを入れることができません。高さのある靴用のスペースはあらかじめ用意して設計しておくことがポイントです。
また、靴は人によっては数が増えてしまいがちなアイテムなため、収納のスペースはできるだけ広めにとっておいた方が良いのではと思いまう。さらに、天井までの高さも有効に使い、また傘のスペースも忘れずに確保しておくとより有効でしょう。

式台の高さ

靴を脱ぐたたきと、床で段差が微妙だと、靴を履く際に苦労します。腰掛けるというよりも、しゃがんだ状態から立ち上がらなければならないからです。バリアフリーとの兼ね合いもありますので、同居する家族構成も考えて注意するべき箇所になりますね。特に問題なければ適当な高さで(笑)

玄関ドアは片開き?

一般的な玄関ドアをご想像いただければと思いますが、ほとんどの家の玄関は片開きドアです。当たり前のように使われているために選択肢が限られているかのようですが他にも種類が存在します。

両開きのドアは重厚感がありますし、おしゃれというより豪華です。また開口できる部分が倍になるため、自転車など大きなものも家の中まで楽に入ります。
また最近の住宅ではあまり見ませんが、ドアではなく引き戸の玄関もあります。ドアと比べると空気の密閉性が弱いので外気が入り込みやすいですが、和風のテイストを演出するには最適です。

いかがでしたたか?若干主観が入り込んでしまっていますが、気持ちよく便利な玄関スペースの参考に是非してみて下さい。