Mr.リビンマッチが解説する注文住宅比較今回はキッチンにスポットをあててご紹介させて頂きます。
リビンマッチを始めとして、様々な注文住宅サービスを覗いておりますが、キッチンは住宅の重要な一部です。

注文住宅においてキッチンにこだわることは料理に対してのこだわりともいえるのではないでしょうか。(私だけ?)
最近の一般的なキッチンの形として対面式キッチンがよく採用されていますが、対面式にも様々な形があることはご存知でしょうか?
対面式キッチンには大きく分けてオープンキッチンとセミオープンキッチンの2つがあります。

オープンキッチンとは

キッチンに立ったときに目を遮るものが何もないのがオープンキッチンです。シンクやコンロ、調理台を遮るものが何もありませんので解放感があり、見た目もおしゃれです。

大人数でのホームパーティーなんかには最適ですよね。
ただその一方で、出しっぱなしのものは丸見えで、機能的に油のハネを遮るものがありませんのでキレイに保つのに苦労しそうです。
オープンキッチンには2種類あり、アイランド型とペニンシュラ型に分かれます。
島を意味するアイランド型は壁から完全にはなれており、四方を人が通ることができます。
半島を意味するペニンシュラ型は片側が壁にくっついた配置になっていて、アイランド型よりも省スペースとなります。

セミオープンキッチンとは

「オープンキッチンみたいにリビングを見渡したい、でも手元は隠したいしマメな掃除は面倒」という方向けのためにセミオープンキッチンと呼ばれるものがあります。こちらオープンキッチンのように部屋を見渡せながらもシンク・調理台は高さのあるカウンターで隠れていますし、コンロの位置のみ壁付きのため、油のハネにも対応できます。その代わりと言いますか、オープンキッチンほどの解放感が得られないのが欠点といえるかもしれません。

そんなセミオープンキッチンにも2種類あり、I型キッチンとL型キッチンに分けられます。
I型キッチンはペニンシュラ型オープンキッチンのように片側が壁にくっついて一直線の配置となります。
L型キッチンはシンクとコンロがL字型に配置されており、移動せずに振り返るだけで異なる作業ができます。

私なんかは掃除も楽で部屋見渡せる、いいとこ取りしたようなセミオープンキッチンがいいとも思いますが、オープンキッチンのおしゃれさと解放感も捨てがたい…。皆さんはどのタイプを選びますか?

リビンマッチが展開しているサービスの1つである、注文住宅サイトでもお客の好みを反映してくれるとのことですので、キッチンはおしゃれにという時は一度、ご相談するといいかもしれませんね。