「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説する注文住宅比較」今回は、「賃貸併用住宅」です。

 

家を建て替えたいけど手元の資金が足りない。貯金を崩さずにマイホームを手に入れたい。そんな方にお勧めの方法をご存知でしょうか。『リビンマッチ(旧スマイスター)』読者の方はすでに賃貸併用住宅という言葉を聞いたことがあるかもしれません。賃貸併用住宅は、戸建て
の居住地の一部に賃貸部分を組み込んだ建物を言います。近年では様々な住宅メーカーが賃貸併用住宅のプランを保有しています。

賃貸併用住宅は定年後の生活設計を考える上でも、将来的な2世帯住宅としての利用を考えた場合についても有効な選択であるといえるでしょうか。注文住宅建築をお考えの方に今回もリビンマッチ(旧スマイスター)からとっておきの記事をご案内します。

 

賃貸併用住宅とはどういう住宅か

不動産を所有する目的は人それぞれです。
不動産投資、相続対策、老後の安定的な家賃収入などにも活用され、注目を集める賃貸併用住宅について紹介します。

賃貸併用住宅は不動産経営の1つ

アパート経営・マンション経営と、賃貸併用住宅との違いはどこにあるのでしょうか。

アパート経営の場合、自宅とは別に建物一棟または複数の建物を購入することで、賃貸運営をします。
マンション経営の場合も同様に、建物一棟を購入するか、部屋を複数購入し貸し出すことで家賃収入を得ることができます。

賃貸併用住宅とは、自宅の一部を賃貸にすることで、自分の居住スペースを確保すると共に、賃貸収入も得られる物件のことを言います。

自宅の一部を賃貸にして有効活用

賃貸併用住宅の例を挙げてみましょう。

3階建ての中古住宅を購入した場合、1・2階部分を賃貸にして、3階部分を自分の居住スペースにするというようなイメージです。
また、新築の場合では、建築時に人に貸し出せる居住スペースもつくることで、賃貸併用住宅にすることができます。

  • ゼロ円でマイホームが手に入れられる

マイホームの購入は、人生において高額な買い物になります。

賃貸併用住宅を活用することで、自身の居住スペースが確保できるのはもちろんのこと、賃貸することで家賃収入を得ることができます。そのお金で、住宅ローンを返済することができるのです。

家賃収入が、支払っているローンの金額を上回れば、結果的にゼロ円でマイホームを手に入れる可能性もあります。

  • 人気エリアにマイホームが手に入れられる

マイホームを持つのなら、自分の好きな街、人気の街、都内一等地などに住むことを夢見る人も多いでしょう。
賃貸用住宅は、得られる家賃収入を住宅ローンに当てることができるため、普通に住宅を買うのと比べて費用面でお得になります。

ですが、賃貸用の居住スペースがあっても借り手がいないと家賃収入は得られません。
どこに家を買うまたは建てるのかという土地選びと、貸し出し相手のニーズにあった居住スペースにすることの検討が必要になります。

  • 住宅ローンが使える

アパート経営やマンション経営のための賃貸物件を購入する際には、アパートローンを組むのが一般的ですが、賃貸併用住宅を購入する時に、住宅ローンを利用することができます。
人に貸す部分があるのに疑問に思うかもしれませんが、自分が住む割合が50%以上あれば住宅ローンを組むことができるのです。

しかし、安定的な収入がないと銀行から融資を受けることができません。
その点でも、サラリーマンは安定的な収入があるため、融資を受けやすいと言えるでしょう。

住宅ローンを活用するには?「賃貸併用住宅の住宅ローン活用方法」参照

不安定な世の中だからこそ安定した収入があると、精神的にも支えになります。
自分で住む、家賃収入を得る、節税対策にもなる、と賃貸併用住宅には魅力的なメリットがたくさんあります。
賃貸併用住宅を活用して、ライフプランを立ててみてはいかがでしょうか?