img34

注文住宅とお金のこと

今回は、「注文住宅とお金のこと」です。   おそらく住宅は多くの人たちにとって 人生の中でもっとも高い買い物であるということは間違いないと思います。 土地の値段はもちろんですが、住宅建設にも何千万円といった単位の費用が必要となります。 とはいえ多くの人たちにとって家を建てる機会はそう何度も訪れることではありません。 家を建ててみたものの、実際の住み心地が悪かった、建設後わずかな期間しかたっていないのにもうリフォームが必要となってしまった。などといったことになっては困ります。 あるアンケートによると注文住宅を建築した人の約8割がなんらか、改善すべきであったという反省点を持っているそうです。理想の家を作るために、どう挑めばよいのでしょうか。 今回は注文住宅での家づくりを目指すためのお金についてお届け致します。 リビンマッチファンが語る、注文住宅とお金のこと 家を建てるには多くの費用が掛かります。 住宅ローンを組み、家づくりを目指すという方も多いでしょう。 とはいえ、注文住宅を建築した先輩方の多くは建築費が予算内に 収まらなかった、もしくは予算を考慮し諦めたオプションプランが 実は […]
img35

照明とコンセント

今回は、「証明とコンセント」です。   照明は部屋を明るくするだけでなく、住まいの印象を左右する重要な要素の一つです。せっかく自分専用の住居を建築するのであれば是非照明にもこだわりたいものです。 照明を選ぶコツとして、空間によっての役割を念頭に入れて照明を選ぶと良いそうです。作業等に集中したいとき、仕事場や勉強のためのスペースでは、明るめの光、蛍光灯などの光がいいといいます。反対にリラックスしたいときには、リラックスしたいときは白熱灯でかつ、暗めにすると落ち着いた雰囲気を演出することができます。また、ラグジュアリーな印象や華やかな印象を目指すのであれば補助照明や間接照明を活用することが有効です。 シーリングライトの設置を考える場合には、引掛けシーリングや埋込みローゼット等の機器を活用することで、工事を行うことなく照明を変えることは可能ですが、せっかくであれば照明による効果を設計の段階から考えていくとよいかと思います。 また間接照明を考えるのであれば、コンセントの位置も考慮する必要があります。せっかくのおしゃれな照明もコードが不自然に伸びていてはお部屋の雰囲気が台無しになってし […]

住まいの燃費【RC造編】

今回は、「住まいの燃費【RC造編】」です。   住宅を建てる上で気にしなければいけないのが燃費。燃費の悪い住宅は冷暖房の費用がかさみますが、燃費の高い住宅性能にすれば快適に過ごすことができます。住まいの燃費を考えることは、心地よい生活に繋がるとことは間違いありません。 今回はリビンマッチコラムからRC造で住宅建設を行った場合の住まいの燃費についてお届けします。 RC造の断熱性と外断熱工法 RC造の住宅は、夏は暑くて冬は寒いという印象を持たれがちです。しかし、最近のRC造のほとんどは外断熱工法が採用されています。RC造は、アルカリ性のコンクリートと、酸に弱い鉄筋でできています。自然のままにしておくと、酸性雨や直射日光にさらされて、次第にコンクリートが中性化されていきます。中性化とは、二酸化炭素によってRCが劣化することです。酸に弱い鉄筋はコンクリートで守られていますが、中性化が進めば進むほどコンクリートが弱くなって、いつしかコンクリートにひびが入ってきます。そのため、コンクリートの中性化を防ぐために外断熱工法が用いられることが、最近増えています。外断熱工法は、RC造などの熱容量 […]
img15

住まいにまつわる音の問題

今回は、「住まいにまつわる音の問題」です。   マンションと比較して比較的騒音の問題は少ないと言われている戸建ての住宅建設。とはいえ、音楽を楽しみたい、楽器演奏をしているという場合にはなんらかの騒音対策が必要です。そんな時に強い味方となるのが鉄筋コンクリート(RC)造という選択。果たして、RC造は防音効果が高いのか。気になる効果と仕組みをレポートします。 RC造は一般的に防音効果に優れているとされていますが、その要因はどういったところにあるのでしょうか。RC造の建築構造の観点などから、防音効果について見ていきましょう。 鉄筋コンクリート(RC)造の防音効果が高い背景 木造の「木」とRC造の「コンクリート」を比較すると、イメージしやすいのではないでしょうか。木製のピアノがあるように木は、音を通します。木琴や太鼓、バイオリンなど木製の楽器が多いことでも想像がつくかもしれません。それに対して、コンクリートは遮音性に優れています。加えて同様のコンクリートであっても重量が大きくなればなるほど、遮音効果が高くなります。つまりRC造のように重量がある建物は、防音効果が高くなります。 部屋に […]
img9

ツーバイフォー(2×4)住宅って

今回は、「ツーバイフォー(2×4)住宅って」です。   注文住宅でもよく採用される工法、ツーバイフォー(2×4)。 ツーバイフォー(2×4)の住宅は、外観のデザインやインテリアなどを自由に設計できることにくわえ、耐火性にも優れていることをご存知でしたでしょうか。 リビンマッチコラムから、2×4住宅についてお送りいたします。   ツーバイフォー(2×4)工法とは 2×4工法は、「枠組み壁工法」とも呼ばれ、外観のデザインやインテリアなどを自由に設計できるのも魅力です。しかし、耐火性のことが心配になるかもしれません。 ツーバイフォー(2×4)工法の耐火性について 確かに木材は燃えやすい性質を持っていますが、ある程度の厚さのある木材は、火災が発生しても木材の表面が炭化するだけで食い止めることができます。そのような木材はいったん燃えたとしても強度が低下しにくい性質があることが実証されています。 また、2×4工法で建築した建物は、扉や窓を閉めておけば空気の流れを遮断することができるので、室内で発生した火が燃え広がりにくい構造になっています。さらに、2×4の住宅は、外部からのもら […]
img36

太陽光発電って

今回は、「太陽光発電って」です。   注文住宅の建設を考える上で、昨今、自然エネルギーを利用した発電が注目されています。特に固定買取制度が始まったこともあり、太陽光発電が浸透しつつあるといえます。憧れのマイホームに太陽光発電を採用するか、それともしないのか、、、太陽光発電のメリットとデメリットをご紹介します。 太陽光発電のメリット 太陽光は日本全国ほぼ同等に降り注いでるので、太陽光発電の発電量に地域差はありません。そうなると初期コストで差がつくのは土地代なので、郊外や田舎の方が有利です。また、通常都市部の方が周辺に建築物が多く日射量が確保しづらいので、ますます田舎の方が有利と言えます。自治体によっては補助金制度があるので、初期投資を抑えられます。収益に関しても、固定買取制度により一定期間の買取と価格の保証もされているので安定しています。固定買取制度の買取価格は、投資資金の回収期間を10年程度として毎年審査され設定されています。買取価格が減っても、利回りが減ることはありません。 太陽光発電のデメリットと注意点 運用中に故障等のトラブルが発生しなくても、10年は稼働させないと資金 […]
img37

注文住宅の種類

今回は、「注文住宅の種類」です。   注文住宅を委託する会社の種類には大きく分けて以下の3つがあります。 ハウスメーカー 工務店 設計会社 それぞれのメリット・デメリットにはどういったものがあるのか?リビンマッチのサイトではこれらを綺麗にまとめていたので、ピックアップしてみた。 ハウスメーカー <メリット> ・性能の高い建材や最新の工法が反映される ・比較すると工期が短い ・住宅展示場やモデルハウスがあるので実物を見てから決定できる ・安定的な経営基盤があるので保証が充実している ・サービス品質の平均が高い <デメリット> ・価格が高め ・マニュアル対応のため融通が利かないことがある。 ・使わない設備が標準仕様になっていることがある ・全国一律の規格なので、自由な設計に対応しづらいことも ・窓口の営業担当者が、設計に詳しくないことがある ・下請けの工務店によっては施工品質に差があることがある ・フランチャイズの場合など商品が同じでも販売店によって対応に違いがあることも   工務店 <メリット> ・引き渡し後のフォローが手厚い ・施工担当者と直接、話せて納得感がある […]
img38

まず押さえるべき心構え

今回は、「まず抑えるべき心構え」です。   注文住宅に限らず、家を建てるにあたって、どのように進めればいいのか分かる人は少ないと思います。かく言う私もその一人。誰に依頼すればいいのか?不動産会社?ハウスメーカー?工務店? どこに何を基準で依頼すればいいのか、不当な値段で騙されたりしないだろうか、最終的な費用はいくらかかるのか?挙げだしたらキリがありません。途中で投げ出してしまいたくなるかもしれません。そうならないためにも、まずは注文住宅での家づくりを行う上での心構えを調べてみました。 注文住宅を業者に依頼するには、どの業者を選ぶにせよ、綿密な打ち合わせが必要になります。先に述べた南向きのベランダやカウンター式キッチンなど、希望するイメージをキチンと共有しておかなければ、当初の考えと全然違う家が出来てしまうことにもつながります。面倒であろうと、一つ一つ業者と連携しながら行うことが大事なようです。 また、業者以前に家族との話し合いもキチンと行うことも重要です。自分としてはこれが一番面倒だけど、奥様や子供の考え、お互いの両親ともしっかり話し合いを行わないと後々揉めることにもつながり […]
img1

注文住宅ってそもそもなに?

今回は、「注文住宅ってそもそもなに?」です。   注文住宅とは、そもそも何なのか調べてみると以下の定義になる。   すでに間取りや仕様が決まっていたり、建築済みの分譲住宅に対し、建築主が自分の希望をいかしてプランニングし、施工会社と請負契約をかわして、建築する新築住宅のことを指す。間取りだけでなく、使用する設備や材料なども自分の好みやライフスタイルに合ったものを採用することができるが、完成した住宅を買うわけではないので、図面などを参考に完成時の状態を理解しなければならない。 (一部抜粋_参考) https://www.weblio.jp/content/%E6%B3%A8%E6%96%87%E4%BD%8F%E5%AE%85   簡単に言うと、家を買うときに、少なからずこだわりってものがたいていあると思う。ベランダは絶対南向きに置きたい、キッチンはカウンター式にしてリビングと行き来できる形に、床は断熱材使って暖かく・・・といったようにこだわりは際限なく出てくる。これらを全て対応するとなるとコストが膨大に、設計から出来上がるまでの時間も非常にかかることになる […]